ヘアバースとパントガールの危険な違いとは!?
ヘアバースとパントガールには危険な違いがあることを知ってますか?うっかり服用してしまうと危ないかもしれません。そこで、ヘアバースとパントガールの危険な違いを紹介します。

ヘアバースサプリとパントガールの危険な違いとは!?

 

 

薄毛や抜け毛改善に特化した人気商品の「ヘアバース」と「パントガール」。

 

ヘアバースとパントガールは、臨床結果としても高い効果を発揮していることが証明されています。

 

そんなヘアバースとパントガールですが、危険な違いって本当にあるのでしょうか?

 

どちらも安全性が高いと評判なので気になりますよね?

 

そこで、ヘアバースとパントガールの危険な違いを調べてみました。

 

ヘアバースとパントガールの危険な違いとは!?

 

 

ヘアバースは日本人医師によって開発されたサプリメント。サプリメントは『食品』です。

 

パントガールはドイツで開発された薄毛を改善する内服薬。内服薬は『医薬品』です。

 

ヘアバースとパントガールの危険な違いとは「サプリメント」と「薬」という違いです。

 

この違いの危険なことは、ヘアバースは妊娠中や授乳中の女性も使用できますが、パントガールは妊娠中や授乳中の女性は使用できません。

 

また、パントガールには医薬品ならではの副作用の報告があります。

 

報告された副作用

胸のむかつき、ガス溜まり、腹痛、下痢、めまい、頭痛、嘔吐、動悸、紅斑、発汗、頻脈、心拍の加速、発疹、かゆみ、蕁麻疹、胃腸の胸やけなど。

 

また、注意事項として、スルホンアミド系の薬剤を処方されている方は医師に相談する必要があります。

 

これらのことから、アレルギー体質の方や体力が低い方は、薬のパントガールよりサプリメントのヘアバースがいいかもしれませんね。

 

 


⇒ヘアーバースをくわしく見てみる

 

 

ヘアバースとパントガールの有効成分の違いはある?

 

 

ヘアバースとパントガールの有効成分に違いはあるのか調べてみました。

 

ヘアバース パントガール
L-シスチン L-シスチン
ビタミンB1 ビタミンB1
パントテン酸カルシウム パントテン酸カルシウム
ケラチン ケラチン
乾燥酵母 薬用酵母
葉酸 パラアミノ安息香酸(葉酸分子)
大豆イソフラボン
亜鉛

 

ヘアバースとパントガールの違いは、ヘアバースには大豆イソフラボンと亜鉛が含まれていることです。

 

大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンは毛周期を整えるために大切な細胞成長因子の分泌を促し、育毛に効果を発揮します。また、大豆イソフラボンに含まれるゲニステインが、加齢による薄毛の原因とされる活性酸素に対して、強力な抗酸化作用を持ちます。

 

亜鉛の働き

亜鉛はタンパク質の合成や細胞分裂を助ける効果を持ち、抗酸化作用もある必要不可欠なミネラルでエストロゲンを含む性ホルモンの生成にも関与しています。また、FAGAの原因物質とされているDHTの産生に関与する、5ーαリダクターゼを抑制する効果もあると言われています。

 

ヘアバースにはこの2つの有効成分がプラスされており、より高い薄毛改善効果が期待できます。

 

ヘアバースとパントガールの効果に違いはある?

 

ヘアバースとパントガールの薄毛改善効果に違いはあるのか調べてみました。

 

※どちらにも配合されている成分「Lシスチン、乾燥酵母、パントテン酸カルシウム」は、多くの海外論文で有効性が証明されています。

 

ヘアーバース使用前(A)と比べて使用後(B)は、髪密度が増加しています。

 

出典:医療法人セレスグループ

 

さらに使用前(A)と比べて使用後(B)は、髪全体のボリュームが増加しています。

 

 

 

一方、パントガールですが、服用により70%の方の抜け毛が減少しています。

 

出典:医療法人セレスグループ

 

また、服用3ヵ月後には抜け毛の量が半減しています。

 

 

ヘアバースとパントガールは医学論文でも有効性が証明されている成分を配合しているので、個人差はあるでしょうがどちらも薄毛改善効果を期待できます。

 

ヘアバースとパントガールの購入に関しての違い

 

ヘアバースとパントガールの購入に関しての違いですが、ヘアバースは公式通販で手軽に購入することができます。

 

ヘアーバースの公式通販には、割引き価格になる定期便や30日間返金保証が用意されています。

 

パントガールは通常は医師の処方箋がないと買えませんが、取り扱っている輸入代理業者から購入できます。

 

最近では、楽天市場でも取り扱いがあるので、輸入代理システムが苦手な方はこちらがおすすめです。

 

ヘアバースとパントガールの価格の違い

 

ヘアバース パントガール
30日分 単品価格 8,640円 11,000円
定期便 初回価格 2,980円
定期便 2回目以降価格 6,912円
送料 全国一律700円 送料無料
返金保証 30日間全額返金保証

 

ヘアバースには割引になる定期便がありますが、パントガールには定期便はありません。

 

なお、ヘアバースの定期便には3回以上の購入の条件があるので、3ヵ月以上続ける方におすすめです。

 

ヘアバースを購入される方はこちら

 

 

⇒ヘアーバースの公式通販サイト

 

 

パントガールを購入される方はこちら

 

 

AIM online store 楽天市場店

 

 

ヘアバースとパントガール よくある質問

 

ヘアバースとパントガールは子供も飲めますか?

ヘアバースは子供でも服用できます。パントガールは子供に関する科学的試験は行われていないため、12歳未満の子供が服用することは推奨されません。

ヘアバースとパントガールは男性も服用できますか?

どちらも男性も服用ができます。

ヘアバースとパントガールは授乳中も服用できますか?

ヘアバースに関しては服用することができます。パントガールは妊娠中、授乳中は控えてください。

 

(まとめ)【最新】ヘアバースとパントガールの危険な違いとは!?

 

 

ヘアバースとパントガールの危険な違いは「サプリ」と「薬」という違いです。

 

パントガールは医薬品のため、とくに妊婦さんや授乳中の女性は自己判断での服用を控えたほうがいいでしょう。

 

また、今まで何らかの薬でアレルギーが出た方や、12歳未満の子供の服用も控えた方がいいようです。

 

一方、ヘアバースはカテゴリーが食品ですので、妊婦さん、授乳中の女性、子供も服用ができます。

 

とはいえヘアバースとパントガールの薄毛改善への有効性に違いはないので、どちらを選んでも3ヵ月間は続けるようにしましょう。

 

 

ヘアバースを購入される方はこちら

 

 

ヘアーバースの公式通販サイト

 

パントガールを購入される方はこちら

 

 

AIM online store 楽天市場店

 

 

 

 

 

お問い合わせフォーム

氏名必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
お問い合わせ内容によっては回答できない場合もございますのであらかじめご了承ください。
プライバシーポリシーにご同意の上、お問い合わせ内容の確認に進んでください。